【オンラインLIVEセミナー】
利益と資金、一方だけではダメ!
 早割申込はこちらのフォーマットをご利用ください!
【オンラインLIVE開催】会社を強くする「採算管理」と「資金管理」

このセミナーへ申込む

経営管理に欠かせない資金繰りの仕組みを理解し、資金計画に役立てる!



経理・財務部門にとって「利益」と「資金」を管理することは重要な業務です。
 本セミナーは「儲け」と「資金繰り」、その両方をマスターしていただくための講座です。
「損益分岐点と利益計画に活かす採算計算とは?」
「資金計画の立て方と資金繰り表の作成方法は?」 
「固定資金の調達と返済計画、設備投資の採算計算の考え方は?」
経理リーダーが知っておきたい「採算管理」と「資金管理」の基本を演習を通して習得します。


==========★ 受 講 者 の 声 ★============
・経常収支表、キャッシュフローの意義について理解が深まり、楽しかった
・B/SやP/Lから資金繰りに役立てると学べた
・採算性の計算、資金繰りの評価が役立った
・B/Sや現金が大切であり、資金管理、計画の手法が大変勉強になった
・損益分岐点や限界利益について役立ち、最小自乗法が印象に残った
・まだ資金繰りに関する知識がほとんどない状態だったので、基礎から教えていただき助かった
==================================


【MUFGビジネスセミナー:オンラインLIVEセミナー開催について】
これまでリアルセミナーで培った高品質な教育サービスを、引き続きお客さまにご提供していくため、
リアル開催で予定しておりましたセミナーの一部をオンラインライブセミナーにてご提供させていただきます。
今後、オンラインならではの利点を活かした企画にも挑戦してまいります。
なお、コロナ禍収束の折には、お客さまの安全に配慮のうえ、リアルセミナーも再開してまいりたいと存じます。
何とぞよろしくお願い申し上げます。


※オンラインLIVEセミナーとは?
講師・事務局・お客さまをPCでつなぎ、リアルタイムの講義を行うセミナーです。


お客さまは、会社・ご自宅からインターネットで接続いただき、
全国どこからでもセミナーをご受講いただけます!
 →→ 交通費、移動時間の節約になります!


 >>> オンラインライブセミナー受講者の声 <<<<<


 ・オンライン研修は初めてでしたが、発言もしやすく非常に良い経験ができました。
・全員とコミュニケーションを取ることができ、自分自身も実践させていただく
 機会があったため、オンラインでも実際にその場に全員が集まっているような
 感覚を得ることができよかった。
・オンラインでのセミナーは今回が初めての体験で、うまく操作できるか不安でしたが、
 わかりやすく誘導していただいたため、有意義な2日間とすることができました。
・1か所に集まって行う研修以上に相手の表情が見えるため、しゃべり方や振る舞い方
 の参考にできて、オンラインならではの良さもあると感じました。
・オンラインでの研修は初めてでしたが、円滑に進めていただき、とてもわかりやす
 かったです。実際にその場で受けるのと同じくらい充実したものでした。


 ※オンラインLIVEセミナーに必要な環境は?
受講に集中できる環境、パソコン、安定した接続環境が望まれます。(下記詳細参照)


**********************************


【オンラインLIVEご受講にあたっての注意事項】
〇本講座には、ご自身のパソコン、スマートフォンやタブレットを用いた、オンラインLIVEセミナーの視聴環境が必要です。
〇本セミナーでは視聴に際し、受講者のメールアドレスがログインID となります。
 受講者以外の方がお申込み手続きをされる場合には、お申込みページ内の『ご連絡事項』に受講者のメールアドレスの
 記載をお願いします。
〇著作権保護の為、共有IDでのご利用や、画面を投影してのご利用など、受講者ご本人以外の視聴はお断りいたします。


 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


【オンラインLIVEセミナー視聴環境について】
●セミナーは、Zoomまたはwebexを使用いたします。


●視聴には、以下の視聴推奨環境が必要です。                       
 <PC>Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版、Internet Explorer11 以上、Edge最新版
 <スマートフォン/タブレット>Android 4.4以上 Chrome、iOS 10.0以上 Safari
 ※お一人1台の端末を使用されてのご受講を想定しております。


●データ通信容量については受講者ご自身で確保をお願いします。


●オンラインLIVE セミナー当日の受講環境は以下にご留意ください。                   
 <会場>騒音が入らない書斎やリビング、貴社施設内など、周辺環境の静かな場所でご参加ください。
     カフェなどのオープンスペースはご遠慮ください。
 < PC >以下のOS 要件を満たしたパソコンの使用を推奨します。
     Windows:Vista、Windows7 以上、Macintosh:Mac OS X 以上
  ※ACアダプターはコンセントに挿し、電源を確保してください。
  ※有線LANまたはWi-Fi接続を推奨します。
 <ネットワ-ク>通信速度30Mbps 以上を推奨
  ※公衆・フリーWi-Fi、テザリングの利用は、接続が不安定になるため推奨しません。
  ※Webexでは「Google chrome」の使用を推奨しています。
  ■通信速度を測定する方法■
   Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、通信速度を測定することができます。
========================================================


ジャンル 管理者・監督職 経営者・経営幹部 経理・財務・税務
対象者 経営者、経営幹部、経理・財務部門の責任者、経理部門の実務担当者の皆さま
開催日時 2020年6月26日(金)10:00~17:00 ※ガイドブックより日程を変更いたしました
講師 税理士・米国税理士・CFP(R) 高下 淳子 氏
受講料 SQUET特別会員:27,500円 SQUET一般会員:30,800円
提携先会員:33,000円 会員以外:36,300円

消費税等を含みます。


◆◆受講お取消しについて◆◆ 
開催日の前日(土/日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。 
受講料を全額ご返金いたします。
ただし、それ以降のキャンセルにつきましては、ご返金いたしかねます。 
また、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますので、ご了承ください。


*弊社の非によりLIVE配信に障害が発生し、受講できなかった場合は、受講料を返金させていただきます。


●受講申込み後、「請求書」をご郵送いたします。届かない場合は TEL 052-307-1105 までお問い合わせください。 
●ご受講者にはご受講前日までにお知らせいただいたアドレスにご招待メールをお送りします。


※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。


このセミナーへ申込む

ページの先頭へ

講師プロフィール

税理士・米国税理士・CFP(R) 高下 淳子 氏


税務会計顧問業、経営コンサルティング業のほか、全国各地の金融機関等での講演・セミナー講師、企業内研修の企画実施などで活躍中。経理担当者、経営幹部、新入社員、後継経営者、営業担当者などを対象とした、明快かつ、わかりやすい実践的講義には定評がある。
【著書】
『とにかく、みんなで考えよう!日本の借金 わが家の税金 わたしの年金』『やさしい法人税申告入門』(中央経済社) 『法人税と経理処理のしくみがわかる本』『決算書を読みこなして経営分析ができる本』『簿記のしくみが一番やさしくわかる本』(日本実業出版社) など多数。



カリキュラム            


1.経理リーダーに求められる役割
(1)経営者を助け、会社を支える「経理部」とは
(2)経営者を助け、会社を支える「経理リーダー」とは


2.資金繰りの基礎をマスターするコツ
(1)資金繰り状況をつかむための経営指標
(2)資金の範囲を明確にしておきましょう
(3)「3→5→3」の動きで資金繰りを理解する
(4)損益計算と資金繰りの違いを理解する
【演習】「経常収支」で実力を見る


3.「運転資金」を理解して資金繰りを楽にする
(1)資金繰りの悩みのタネ ・・・運転資金の計算方法
(2)運転資金を縮小させる3つの方策
(3)業績アップで運転資金も増加する
【演習】 運転資金を計算してみよう


4.「固定資金」の正しいつかみ方
(1)固定資金の調達と返済
(2)設備投資の採算計算の基本
(3)「正味現在価値法」による採算計算
(4)「内部収益率」による採算計算
【事例】設備投資の採算計算



5.採算管理と損益分岐点分析
(1)リーダーが知っておきたい採算とは
(2)会計上の利益計算の落とし穴
(3)損益計算書では採算がつかめない
(4)「固定費」と「変動費」に区分する
(5)損益分岐点図表を読みこなそう
(6)利益計画に活かす採算計算
【演習】「採算計算書」で利益を予測する


6.会社を伸ばす資金繰りと資金計画
(1)資金計画表の作成方法
(2)会社を伸ばす資金繰り
(3)実績資金繰りと予定資金繰り表
【演習】 月次予定資金繰り表の作成
(4)資金繰り表は毎日管理する
(5)資金繰り表を経営改善に役立てる
(6)資金調達の方法を見直してみる


7.資金繰りを改善する経営とは
(1)キャッシュフロー経営を実践する
(2)売上債権管理を徹底する
(3)設備投資資金の調達と返済計画
(4)健全な節税知識も不可欠です
(5)資金繰り改善の5つの鉄則


※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。
◎電卓・蛍光ペン・筆記具をご用意ください。
※撮影・録音はご遠慮願います。


このセミナーへ申込む
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890