リーダーが実践すべき組織運営の基本を学ぶ【東京開催】リーダーのための部下に「伝わる」コミュニケーション実践セミナー

このセミナーへ申込む

 リーダーの9割以上はプレイングマネージャー。その共通の悩みは部下の育成です。もし、部下のやる気が上がらない、指示を出しても行動が変わらない、さらには部下がなかなか育たないと感じていらっしゃれば、「伝わる」コミュニケーション力を習得されることをお勧めします。
 本セミナーでは、豊富な事例を交えながら、部下のモチベーションサイクルへの科学的・理論的な理解を深めます。そのうえで、部下との信頼を構築し、やる気を高めて行動を引き出し、組織の成果につなげる実践的なコミュニケーションのポイントを演習も交えてお伝えします。「数多くのヒントがあり、ぜひ実践したい」など、参加者の方からも好評のセミナーです。


============★ 受 講 者 の 声 ★============
・具体的なコミュニケーションの方法論を聞けたのがよかった。
・結果を出すには、結果にばかり拘っていてはダメで、先行条件をしっかり把握し、そこを評価・コントロールする
 ことが大切だとわかりました。
・自分にとってはハードルが高いと思ったが、実際にやってみようという気になった。気づきも多くありました。
・自身の業務にフィードバックしやすかった。
・講師の組織運営の実体験に基づくストーリーが豊富であり、強く印象に残った。
・理論から明日すぐにやれることまで、たくさんのヒントをいただいた。
・将来、外国人の部下を持つ可能性があり、講師のエピソードが参考になった。
===================================


ジャンル 中堅社員・若手社員 管理者・監督職 経営者・経営幹部
対象者 経営者・経営幹部・拠点長、管理監督者、チームリーダーの皆さま
開催日時 2019年5月28日(火) 10:00am~5:00pm
講師 当社 国際情報営業部 部長 大島 誠
会場 東京セミナールーム 会場マップご案内
受講料 SQUET特別会員:28,080円 SQUET一般会員:31,320円
提携先会員:33,480円 会員以外:36,720円

※テキスト代、消費税等を含みます。食事代は含みません。
※複数名割引サービスにつきましては、2018年度をもちまして終了いたしました。


◆◆受講お取消しについて◆◆
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、折り返し「受講証」「請求書」をお送りいたします。
 届かない場合は TEL 03-6733-1059 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。


このセミナーへ申込む

ページの先頭へ

講師プロフィール

当社 国際情報営業部 部長 大島 誠


1958年京都府生まれ。早稲田大学法学部卒業後、1981年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)入行、海外勤務(米国、インドネシア等)12年。銀行支店長、本部指導役(支店指導役)、海外現地法人社長等を歴任。本部指導役当時は拠点長研修等の講師も担当し、拠点実績向上に貢献。98年から駐在したインドネシアではアジア通貨危機や暴動も経験。同国経済が困難を極める中での組織防衛、組織運営経験に基づいたノウハウは実践的かつ生産性向上に直結すると評価が高い。2012年より三菱UFJリサーチ&コンサルティングに転籍、2014年より現職。担当業務は、組織運営指導、貿易投資相談、海外進出支援、海外派遣人材育成であるが、特に組織運営の改善指導に関するコンサルティング、講演は、自動車大手、化粧品大手などの一般企業向けにとどまらず、官公庁、地方自治体、外国政府、各地経済同友会や各種異業種交流会等からも招請を受けるなど定評あり。



カリキュラム            ※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。


1.「伝わる」コミュニケーションの基礎 演習
1)「伝わる」の3つのレベル
2)「伝わらない」リーダーのよくある困り事
3)「伝わる」リーダーのチーム強化3ポイント


2.部下との信頼関係を構築するコミュニケーション(部下の心を開き、やる気を引き出す) 演習
1)人間はどのようなときに人を信頼するのか
2)リーダー本人が自己開示すべき範囲は?
3)鏡の法則を利用する(個人面談の活用など)、共感をもって聴く


3.部下の実力を把握するコミュニケーション(部下の居場所を理解する) 演習
1)部下の現在位置と過去実績を把握する
2)部下本人から現状認識を含めヒアリング
3)周囲の人間から情報収集(本人能力、やる気等)を行う


4.部下の成長を支援するコミュニケーション(部下の実力に合ったチャンスを与える) 演習
1)部下本人の現在位置より、少し上の目標を設定する
2)PDCAで感謝し、成長を支援する(週間行動計画)
3)結果ではなく、行動プロセスをほめる


5.部下の実績を公正に評価するコミュニケーション(部下のやる気を持続させる) 演習
1)部下のやる気はどんな時に持続するのか
2)行動(プロセス)に対する日々のフィードバック
3)最高のほめ言葉「任せる」と、チームメンバーからの承認


6.本日のまとめ(あるべきリーダー像)


【付録】明日から使えるコミュニケーションのヒント
1.リーダーのためのヒント
2.部下の評価を見える化する方法(表彰や昇進昇格につなげる考え方)
3.部下のやる気を更に高める方法(成長による仕事の難易度向上)


◎筆記用具をお持ちください。
※録音・録画はご遠慮願います。




このセミナーへ申込む
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890