★新企画★ 知っておけば会社やニュースの「なぜ?」が分かる!【東京開催】ビジネスパーソンが知っておくべき会社の仕組み(会社法)

このセミナーへ申込む

 会社法はすべてのビジネスパーソンが知っておくべきものです。なぜなら、会社法とは会社に関するすべての基本ルールを定めたものだからです。これを知らずして会社で働くというのは、サッカーのルールもろくに知らないままピッチに立つようなものです。
 本セミナーでは、普段当たり前のように使っている「株式会社」「社員」「取締役」「代表取締役」「資本金」「債務超過」などの言葉の意味を、難しい法律の話ではなく、日常で目にしている用語を中心に、事例や演習も取り入れ、分かりやすく解説します。
 会社法を通じて会社の基本的な仕組みを学びたいすべてのビジネスパーソンにおすすめの内容です。


ジャンル 中堅社員・若手社員 経理・財務・税務
対象者 経理部門・経営企画部門ご担当、会社の仕組みを学びたいビジネスパーソンの皆さま
開催日時 2020年4月24日(金) 10:00am~5:00pm
講師 ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員 公認会計士・税理士 金子 智朗 氏
会場 東京セミナールーム 会場マップご案内
受講料 SQUET特別会員:26,400円 SQUET一般会員:29,700円
提携先会員:31,900円 会員以外:35,200円

※テキスト代、消費税を含みます。食事代は含みません。


◆◆受講お取消しについて◆◆
 開催日の前日(土日/祝日を除く)17:00までにご連絡ください。
 入金済みの受講料を全額ご返金いたします。
 その後のお取消しについては、ご入金の有無にかかわらず受講料を申し受けます。
 なお、他のセミナーへのお振り替えもいたしかねますのでご了承ください。
 ただし、代理の方にご出席いただくことは可能です。
 やむを得ず欠席をされた場合は、セミナー資料を後日お送りいたします。
●受講申込み後、折り返し「受講証」「請求書」をお送りいたします。
 届かない場合は TEL 03-6733-1059 までお問い合わせください。
※諸般の事情により、やむを得ず開催を見合わせる場合もございます。ご了承ください。


このセミナーへ申込む

ページの先頭へ

講師プロフィール

ブライトワイズコンサルティング合同会社 代表社員 公認会計士・税理士 金子 智朗 氏


1965年生まれ。東京大学工学部卒業。東京大学大学院修士課程修了。日本航空(株)において情報システムの企画・開発に従事しながら、1996年公認会計士第2次試験に合格。プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント等を経て独立。現在、ブライトワイズコンサルティング合同会社代表社員。会計とITの専門性を活かしたコンサルティングを中心に、企業研修やセミナー講師も多数行っている。名古屋商科大学大学院ビジネススクール教授(2013年度~2017年度ティーチング・アウォード5年連続受賞)。
【著書】
『MBA財務会計』『新・会計図解事典』(日経BP社)、『「管理会計の基本」がすべてわかる本』(秀和システム)、『ケースで学ぶ管理会計』(同文舘出版)、他多数。
【ホームページ】
http://www.brightwise.jp/



カリキュラム            ※プログラムの詳細は変更となる場合がございますので、ご了承ください。 


1.そもそも「会社」とは何か
1)会社とは:重要な「法人」という概念
 演習 会社の種類
2)株式会社とは~株式会社は異常な会社!?
3)株主と債権者の違いを根本から理解する
 演習(1)「社員」の地位を細分化するメリット
   (2)「上場会社」と「公開会社」の違い


2.株式について
1)株式とは:株券と株式は違う
2)株主平等原則:会社法の根底に流れる大原則の1つ
3)「特別な内容の株式」と「種類株式」:さまざまな株式の発行が自由に
 演習 大原則の1つ「株式譲渡自由の原則」
   (1)株式譲渡が自由であることの必要性
   (2)その一方で、株式の譲渡制限が認められている理由


3.会社の機関
1)会社の「機関」とは
2)機関設計の基本ルール:多様な機関が可能
3)具体的に可能な機関設計
 ・監査役会設置会社  ・指名委員会等設置会社  ・監査等委員会設置会社
4)主な機関のポイント
 ・株主総会~重要なのは「普通決議」と「特別決議」
 ・代表取締役~「代表」とは何を代表するのか
 ・取締役会~「取り締まる役」の「会」であるところに意味がある
 ・3つの監査~金融商品取引法も含めて整理
5)役員の義務と責任~これを知っていたら役員なんかならなかった!?~
  参考 善意、悪意、過失、無過失の意味
6)株主代表訴訟は誰でもできるわけではない
  演習 (1)大塚家具における委任状争奪戦の狙い
     (2)「代表取締役社長」は本来はおかしい!?
     (3)代表取締役が複数存在する理由
     (4)「子会社」の意味
     (5)買収で33.4%を目指す意味
7) 企業統治に関する2014年の改正


4.会計・ファイナンスに関連する重要トピック
1) 純資産の部の重要項目
 ・資本金と資本剰余金  ・自己株式  ・非支配株主と株主資本
 ・債務超過:一般的な意味と上場規程上の意味は違う
2) 資金調達
 ・3つの基本ワザ  ・新株予約権付株式~基本ワザの合わせ技
3) 配当
 ・配当の2つの源泉  ・分配可能額
4) M&A
 ・法的スキームを6つのグリッドで整理  ・それぞれの具体的内容


◎筆記用具をお持ちください。
※録音・録画はご遠慮願います。


このセミナーへ申込む
一覧へもどる

ページの先頭へ

1234567890